家庭用脱毛器ケノンの良い所・悪い所は?

家庭用脱毛器の種類も年々増えていますが、ここ数年の一番人気がケノンです。
多くの方に選ばれていて、ムダ毛の悩みがなくなったと大喜びしている女性がたくさんいます。
これからケノンを買おうと思っているなら、ケノンのメリットとデメリットを知っておきましょう。

 

家庭用脱毛器のケノンとは?

ケノンとは家で誰でも使いやすいように開発された家庭用脱毛器です。
脱毛サロンと同じフラッシュ方式が採用されていて、使えば使うほどムダ毛が薄く減ってくれてつるつる肌も夢ではありません。
多機能でその人に合った使い方ができるように工夫されていますし、操作方法も簡単です。
カートリッジを替えれば美顔器として使うこともできますから、オールマイティに女性の美容の悩みを改善するのに役立ってくれます。

 

脱毛サロンに通わずに全身脱毛も可能

ケノンはほとんどの部位に使えますから、がんばって自分で全身脱毛をすることもできます。
ケノンの値段はだいたい7万円くらいですから、全身脱毛サロンに通うよりもかなり安くてすみます。
自分の好きな時に好きなだけ脱毛できますから、今日は足、明日は腕などと小分けにして脱毛することもできてしまいます。
忙しくて毎日30分くらいしか脱毛に割けないという人も、すきま時間を上手に使えばつるつる肌になれてしまいます。
わざわざ脱毛サロンに通う必要がありませんからめんどくさくないし、人から見られたら恥ずかしいバスト周りやVIO、ヒップなども自分1人でこっそり脱毛できます。

 

マイペースに脱毛できる

脱毛サロンだと2、3ヶ月に1回しか通うことができませんから、もっと早くムダ毛を減らしてもなかなか思い通りにはいきません。
その点、ケノンは2週間に1回ペースで同じ部位の脱毛ができてしまいますから、脱毛が終わるまでの期間が短くてすみます。
ちょっとムダ毛が気になった時に機械を出してきてピンポイントで使うこともできますし、自分で脱毛計画を立てられるのがいいところです。
自分の都合に合わせてマイペースで脱毛を進められますし、夏に間に合うスピード脱毛も可能です。

 

10段階のレベル調節機能で痛みがほとんどない

ケノンの照射パワーは脱毛サロンの脱毛機よりも弱いですから、ほとんど痛みの心配をする必要がなく脱毛できてしまいます。
照射レベルを何と10段階も調節することができますし連射機能も付いていますから、その人の体質や毛質に合わせて使いやすくなっています。
このレベルだとちょっと刺激を感じるなというのが使っているうちに解ってきますから、体感でレベル調節できてしまいます。
照射する前に保冷剤でしっかり冷やしておけば痛みも感じにくくなりますから、多少強めのレベルでも問題なく使えます。

 

照射面積が広く脱毛時間が短くてすむ

ケノンは複数のカートリッジがそろっていて、脱毛する部位によって使い分けができます。
ラージカートリッジだと2.0cm×3.5cmで、それよりも大きいエクストララージカートリッジなら2.5cm×3.7cmですから、広い部位も楽々照射可能です。
照射面積が広いということは1回で広範囲に光を当てることができて、短時間で脱毛がすんでしまいます。
使い方にもよりますが、慣れてくれば両脇を照射するのにわずか30秒ほどしかかかりません。
これだけ短時間で終わるのも、ケノンの照射面積が広いからです。

 

複数のカートリッジで効率的に脱毛できる

ムダ毛が生えている場所によっては同じカートリッジでは使いにくいと感じる方もいます。
そんな方のために、ケノンでは複数のカートリッジが用意されています。
広い部位を脱毛できるエクストララージカートリッジは業界でも最大級の照射面積を誇っていて、短時間で効率よく広い部位の脱毛ができてしまいます。
逆に細かい部分を丁寧に脱毛できるラージカートリッジがあります。
指の毛などの細かい部分もしっかり脱毛できて、全身くまなくムダ毛をなくせます。
VIOのアンダーヘアなど、しっかりした剛毛向けにはストロングカートリッジがあります。
照射面積が他のカートリッジよりも狭くなっていてその分パワーが強いので、しっかりした毛を効率的に脱毛できるようになっています。
その他、スキンケアに使える美顔カートリッジまであります。

 

美顔カートリッジで美顔器に大変身

ケノンのスキンケア用の美顔カートリッジは、脱毛ではなく肌のケア専用のカートリッジです。
カートリッジを取り替えて顔に光を当てるだけで、光美顔器として使うことができてしまいます。
いわゆるフォトフェイシャルのような効果が得られて、あらゆる美肌効果を与えてくれます。
光はメラニンに反応しますから、肌内のメラニンにダメージを与えてくれてシミを追い出すサポートをしてくれます。
肌の代謝を高めてコラーゲンが作られやすくなりますから、美肌効果に期待できます。
シミやしわ、たるみやニキビなどの幅広い肌の悩みに役立ってくれて、きめの整った透明感のある肌を目指せます。

 

・本体価格が高い

ケノンは照射面積が広かったり細かいレベル調節ができたりなど、高機能な分値段が高いのがデメリットです。
本体価格は約7万円ほどしますから、買うのに戸惑ってしまう値段です。
脱毛サロンで全身脱毛をするよりは明らかに安い値段ですが、美容家電の中でも高額な部類で、気軽にポンと買いにくいです。

 

・カートリッジ代がかかる

ラージカートリッジの場合、レベル1で照射すれば20万回は使えます。
慣れてくればレベルを上げて照射するようになりますから、もっと持ちが悪くなります。
いずれはカートリッジの寿命がやって来て、新たに買い足さなくてはいけません。
カートリッジは消耗品なので使えば使うほど減りますし、本体代以外にもカートリッジ代がかかってしまいます。

 

・全部自分でやらなくてはいけない

ケノンを使う前には事前に自分でシェービングして、保冷剤などでしっかり肌を冷やしながらケノンを照射していきます。
レベルやどんなモードで照射するのかも自分で選ばなくてはいけません。
脱毛した後は肌の様子を自分で見ながら、火照っているようなら冷やしてあげて、肌が落ち着いたらしっかり保湿ケアをします。
また、照射する時には光がまぶしいですから、サングラスをかけて目を保護してあげる必要があります。
脱毛サロンなら全てスタッフさんまかせで、寝転がって言われた体勢を取るだけですみますが、ケノンはそうもいきません。
全てを自分でやる必要がありますから、めんどくさいと感じる人もいます。面倒な人は全身脱毛サロンがおすすめです。

 

・抑毛や減毛効果しかない

いったんケノンでムダ毛を一掃できたとしても、いずれは復活してしまう可能性があります。
ケノンは永久脱毛ではなく、抑毛や減毛の効果しかないからです。
これはケノンだけでなく、脱毛サロンでも同じことです。
ムダ毛を作っている細胞や組織などを破壊しない限り、いずれはこれらが復活して毛を作り始める可能性があります。
細胞や組織を破壊するのは医療行為に当たりますから、美容クリニックの医療レーザー脱毛でしか永久脱毛効果は望めません。
脱毛サロンで脱毛してもケノンで脱毛しても、そのうち毛が復活してしまうと覚えておきましょう。

 

・脱毛サロンよりも楽なケノンの魅力

ケノンにはデメリットがもちろんありますが、それを上回るほどのメリットがたくさんあります。
機能が充実していてマイペースで脱毛がはかどるように作られていますから、安全につるつる肌になれてしまいます。
脱毛サロンに通うよりもお値段的にもはるかにお得ですし、予約を入れたり通う手間を省けます。
自分の好きな時に家でマイペースに脱毛できるのがケノンの最大の魅力です。